トニーとバナー博士の年齢について

このあいだMarvel Cinematic Universe wikiをへらへら~っと覗いていたら、なんとトニーとバナー博士のページに年齢という項目を発見してしまったんです! しかも生年月日つき! それどこ情報よ~!?
ってことで、可能な限りソースを確認し、考察してみました!!

ところで、このブログでも何度か紹介しているんですが、マーベル関係のwikiって何種類かあるんですよね。区別がついてない方もいらっしゃるかと思うので、ここでちょっと整理しておきます。

Marvel Universe Wiki
マーベル公式wiki。すっきりしていて見やすいが、設定の出典がほとんどないのが難点。
Marvel Comics Database
非公式wiki。ごちゃごちゃしてるけど情報量は圧倒的。ソースもところどころに明記されてます。
Marvel Movies Wiki
X-Menやスパイダーマンを含む、マーベル関係の映画全てを扱っているwiki。
Marvel Cinematic Universe Wiki
MCU専門wiki。MCUとは『アイアンマン』から『アベンジャーズ』までの一連の時系列(タイムライン)のことを指します。

続きから調査結果です。

わたしはMCUシリーズコンプリートボックス日本版の発売を信じているので、映像作品は『アベンジャーズ』北米版BDしか買っていません。(2013/4/20追記:すみません、嘘をつきました。MCU Phase One Box買ってしまいました。全ては紙ナプキンのせいです)
そのため考察が回りくどくなっている可能性があります。
「この作品のここ見ればすぐにわかるよー」とかそういう情報がありましたら、ぜひとも共有させてください。

2016/04/30追記:下記に載せたプロフィールにはハワード&マリア夫妻の死亡日が1991/12/17と書いてありますが、『アイアンマン』及び『ウインター・ソルジャー』に出てくるハワードの交通事故と葬儀の新聞記事の日付も12/17であるため、実際に事故が起きたのは16日以前というのが正史として有力な説だったようです。そして、『シビル・ウォー』で正式に12/16に決定されました。非正史の設定を何の断りもなく載せてしまっていたことを謝罪します。
 
 
仮説:『アベンジャーズ』は西暦何年の出来事か?

結論から言うと、おそらく2012年4~6月あたりを描いた作品ではないか、というのがわたしの立てた仮説です。

(1) スタークエキスポが2010年に行われている。
(2) 『アイアンマン2』、『マイティ・ソー』、『インクレディブル・ハルク』はコミック『フューリーズ・ビッグウィーク』にあるとおり、全て一週間内の出来事。
(3) モナコGPは通例5月に行われる。
(4) 『インクレディブル・ハルク』のラストシーンでブリティッシュ・コロンビアにいるバナーは31日間変身していなかった。風景から推察するに、季節は
(5) 『アベンジャーズ』内でナターシャがバナーに対し"You've been more than a year without an accident"(「1年以上変身してないんでしょう?」)と発言する。
(6) 『アベンジャーズ』内での街や公園の様子からして、季節は春~初夏

以上の材料から、『フューリーズ・ビッグ・ウィーク』は2010年5月~6月の出来事で、その年の秋から少なくとも1年以上経過した春または初夏に『アベンジャーズ』の事件があった、ということが言えます。
なので、映画公開と同時期、つまり2012年4~6月頃を描いていると結論付けられるかと。

以下の考察ではこの仮説を前提にしています。



ブルース・バナーの生年月日、及び年齢の出典

『インクレディブル・ハルク』の開始2分2秒あたりにバナー博士のIDカードが一瞬だけ映るのですが、そこに誕生日と体重が記載されています。1969年12月18日生まれ、158ポンド。

bannerbirthday.jpg

また、設定資料集"The Art of Marvel's The Avengers"43歳と明記されているそうです。
2014/5/11追記:"The Art of Marvel's The Avengers"の該当部分によると、厳密な設定として43歳と決めたわけではなく、役作りの時にマーク・ラファロが43歳だったから、「厭世的で、かつユーモアのセンスも持ち合わせた、43歳バージョンのブルース・バナーでいこう」と、ジョス・ウィードン監督と相談したらしいです。
というわけで、年齢が一致したのは完全な偶然という説が濃厚です。


けど1969年12月18日生まれってことは、2012年春の時点ではまだ42歳ですね。
まぁこのくらいの矛盾はどうってことないですが。
個人的には『アベンジャーズ』の時点では42歳説を取りたいです。生年月日という確定的な数字があるので。



トニー・スタークの生年月日、及び年齢の出典

『アベンジャーズ』特典映像、未公開シーン内の、スティーヴがトニーに関する資料を読んでいる場面で、生年月日が1970年5月29日であることを確認できます。

tonyprofile2.jpg

この生年月日と前述の仮説を合わせて計算すると、トニーは『アベンジャーズ』の時点で42歳(あるいは事件が5月29日以前なら41歳)ということになります。

<追記>より鮮明な画像を発見しました。
http://rogers-and-stark.tumblr.com/post/25894704509/

以下はその資料を書き起こしたものです。

[Transcript]

AGENT: STARK, TONY
DOB: 05/29/1970
STATUS: ACTIVE - ADVISER
SSN No. 987-65-4320
LAST KNOWN ADDRESS: STARK TOWER - 200 PARK AVE, NEW YORK, NY 10166   
PREVIOUS ADDRESS: 39 CLIFFSIDE DRIVE, MALIBU, CA 56677
DOCUMENT CITIZENSHIP: UNITED STATES  
PLACE OF BIRTH: MANHATTAN, NY        
RACE: CAUCASIAN                   
GENDER: MALE                      
DENTAL: NONE
TITLE: ADVISER
HEIGHT: 5'-9"
WEIGHT: 185
HAIR: BLACK
EYES: BROWN                      
LANGUAGES: ENGLISH, SPANISH, ITALIAN, DARI
IDENTIFIABLE MARKINGS: A miniaturized (RT) ARC reactor embedded in his chest cavity.
FAMILY:
  Howard A. Stark, Father DECEASED 12-17-1991
  Maria Collins Carbonell Stark, Mother DECEASED 12-17-1991
EDUCATION:
  Phillips Academy, Andover, MA
  1977-1984
  BS, Engineering Massachusetts Institute of Technology, Cambridge, MA
  1984-1987
EMPLOYMENT:
  CEO, Stark Industries
  1992-2010
S.H.I.E.L.D. EMPLOYMENT: S.H.I.E.L.D. Adviser
MISSION STRENGTHS: Iron Man suit makes an impenetrable armor protection with refined flight capability, and the most powerful and reliable arc reactor. The reactor powers both his pacemaker and the metal alloy suit.


[一部翻訳]

言語:英語、スペイン語、イタリア語、ダリー語(アフガニスタン公用語のひとつ)
身体的特徴:胸部の空洞に埋め込まれた小型のアークリアクター
親族
  ハワード・A・スターク、父親、1991/12/17死亡
  マリア・コリンズ・カーボネル・スターク、母親、1991/12/17死亡
学歴
  マサチューセッツ州アンドーヴァー、フィリップス・アカデミー 1977-1984
  マサチューセッツ州ケンブリッジ、マサチューセッツ工科大学 理学士 1984-1987
職歴:スターク・インダストリーズ CEO 1992-2010
SHIELDでの職歴:SHIELDアドバイザー
作戦上の能力:アイアンマンのスーツは耐久力に優れており、素晴らしい飛行能力に加え、最も強力で安定したアークリアクターを備えている。リアクターは彼自身のペースメーカーを動かすと共に、鋼鉄のスーツの動力源ともなっている。





以上が調査結果です。
まさかの! 博士の誕生日が! 1回過ぎちゃってるっていうね!! 不覚でした……。
博士の年齢は42なのか43なのか、まぁどっちでもいいっちゃいいんですけど、ともかく社長より年上ですね。
社長は『アイアンマン2』で社長をやめちゃったので、今の職業って何なんだろうとずっと思ってましたが、肩書きはSHIELDのアドバイザーみたいですね。本人はフルタイムの慈善家でパートタイムのヒーローだって言いそうですが。
体重や身長までわかるのはなんとなく嬉しいw 社長のリアルな身長はみんなに知られてるのに、何食わぬ顔でシークレットブーツはいちゃうところが好きです。
あと、社会保障番号もわかりますね!ww

MCUシリーズは画面内の情報量が多すぎて追いつけないことが多々あります。何度も繰り返し視聴されることを念頭に作っているんでしょうね。映画館じゃ絶対に気づけないところばかりです。コマ送りで見ないとw
アベンジャーズタワーの設計図の噂を聞いたときもスクリーンを凝視してたのに、映画館じゃ全然把握できませんでした。BD買ったときに確認できました。笑

追加情報や事実の訂正がありましたら、ぜひコメントまでお願いします!!!



余談ですが、社長のプロフィールが映るのと同じシーンでハワード・スタークのプロフィールも確認できます。

howardprofile.jpg

[Transcript]

AGENT: STARK, HOWARD A.
DOB: 08/15/1917
STATUS: ACTIVE
SSN: 987-65-4329
LAST KNOWN ADDRESS: 1411 Terrace Lane, New York, NY 11892
PREVIOUS ADDRESS: 546 Charlotte Court, New York, NY 11892
DOCUMENT CITIZENSHIP: UNITED STATES  
PLACE OF BIRTH: RICHFORD, NY    
RACE: CAUCASIAN  
GENDER: MALE    
DENTAL: Q 418725
TITLE: ADVISER
HEIGHT: 5-10
WEIGHT: 185
HAIR: BROWN
EYES: BROWN
LANGUAGES: ENGLISH, LATIN, SPANISH, FRENCH, JAPANESE, KOREAN
IDENTIFIABLE MARKINGS: Circular scar above left hip bone.
FAMILY:
  Maria Collins Carbonell Stark, Spouse DECEASED 12-17-1991
  Anthony Edward Stark, Son
EDUCATION:
  Grammar School
  Massachusetts Institute of Technology, Cambridge Massachusetts, Ph.D. honoris causa: Physics, Engineering
CRIMINAL: NONE
EMPLOYMENT: Stark Industries, Founder and CEO (1940-1991)
MILITARY: Head Engineer, Weapons Research and Development, Strategic Scientific Reserve
SSR EMPLOYMENT: Founding Member - Adviser
MISSION STRENGTHS:Exceptional skill in aviation, engineering and communication.(一番最後の単語は曖昧…)
KNOWN LIVING DESCENDANT: TONY STARK


[一部翻訳]

言語:英語、ラテン語、スペイン語、フランス語、日本語、朝鮮語
身体的特徴:左腰骨上の円形の傷跡
親族
  マリア・コリンズ・カーボネル・スターク、配偶者、1991/12/17死亡
  アンソニー・エドワード・スターク、息子
学歴
  グラマー・スクール
  マサチューセッツ州ケンブリッジ、マサチューセッツ工科大学 博士号 名誉博士号:物理学、エンジニアリング
犯罪歴:なし
職歴:スターク・インダストリーズ 創設者でありCEO(1940-1991)
軍歴:エンジニア長、兵器開発研究、SSRメンバー
SSRでの職歴:創設メンバー - アドバイザー
作戦上の能力:飛行技術、エンジニアリング、コミュニケーションにおける比類なき技術
存命の子孫:トニー・スターク


<追記>最後のcommunicationは「通信技術」という意味かもしれないです。軍の書類なのでそっちのほうが自然?
関連記事
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiranegi.blog137.fc2.com/tb.php/36-1a39ee6e

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

※ご注意※

主にTFとMarvelについての感想とも妄想ともつかない文章を記録していくブログ。MarvelはMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)中心。腐女子的発言を含む場合があります。基本的にリンクフリー。バナーはこちらをDLしてください。

随時更新記事

カテゴリ

openclose

タグ